カリキュラムを終わらせよう

鍼と本

鍼と灸を使って人の健康を追求するのが鍼灸師という、国家資格がなければなることができない職業です。もしも、鍼灸師になりたいと考えているのなら、国家試験を受けるための条件をクリアすることから始めましょう。なぜならば、鍼灸師の国家試験は誰でも受けられるタイプのものではなく、学校に通って必要なカリキュラムを終わらせた方のみ受けられるタイプだからです。なお、鍼灸師のカリキュラムを習えるのは、専門学校として国から認められていて、カリキュラムがきちんと用意されているところだけです。認められていないところに入ってしまうと、卒業したとしても国家試験は受けられないので意味のない時間を過ごしてしまうことになるので気をつけましょう。

入学するだけなら難しくない

鍼灸師になるための専門学校はたくさんありますが、入るだけならば難しくありません。定員割れを起こしているような専門学校もあるので、国家試験に向けて第一歩を踏み出すのは簡単だといえるでしょう。しかし、卒業するのは簡単ではないため、きちんと勉強する覚悟をしたうえで入学する必要があります。1年や2年といった短めの期間ではなく、3年間みっちりと勉強することになるので、しっかりと頑張って卒業を目指しましょう。なお、昼間に通う専門学校だけではなく、夜に通うことができる専門学校も用意されています。従って、働きながら鍼灸師を目指すことも可能なので、入学した段階では会社を辞めずに、そのまま勉強をすることも考えてみましょう。

あん摩指圧マッサージ師も一緒に取ろう

鍼灸師を目指す方が知っておくとよいのが、あん摩指圧マッサージ師という資格も一緒に勉強できる専門学校もあるということです。『自身がなりたいのは鍼灸師だ』と胸を張っていえる方は、あん摩指圧マッサージ師には興味があまりないかもしれません。しかし、両方の資格を取得すると施術の幅が拡がるので、できることならば、鍼灸師とあん摩指圧マッサージ師の両方をゲットすることを考えましょう。ただし、ほとんどの専門学校では鍼灸師のみのカリキュラムが組まれていて、あん摩指圧マッサージ師のカリキュラムは組まれていません。そのため、両方の資格を取りたいのなら、まずは同時進行で習える専門学校を探してみましょう。ちなみに、二つの資格を取れるところはとても人気なので、競争率が激しくなっていて誰でも入学できるという状態ではありません。そのため、かなり勉強しなければいけないため、目指すのなら医療系に強い予備校などを活用することも考えましょう。